ガクト, GACT, 坂上忍, マリスミゼル, MALICE MIZER, Kami, カミ, 20年, ツイッター, 炎上,

 

GACT(ガクト)がフジテレビ系列『直撃!シンソウ坂上』のなかで、MALICE MIZER(マリスミゼル)のメンバーで亡くなってしまったKami(カミ)への想いを20年ぶりに初告白しました。

 

マリスミゼルは、90年代にビジュアル系バンドとして人気があり、GACKTがボーカルをつとめていたということですが、1998年11月ごろにメンバーに何も告げずにGACKTガクトは失踪してしまったそうです。

 

その時の気持ちについても番組でこのように話していました。

 

「方向性の違いというよりも、25歳の時にバンドのメンバーが集まって解散するって話になったんだよね。自分は続けるつもりだった。だけど、僕、対メンバー・社長に完全に別れてしまって。それなら自分の音楽を作って行こうと。」

 

と失踪(脱退)についての真意を告白しました。

 

しかしその後、マリスミゼルのメンバーの中でも一番仲がよかったドラムのKamiカミが、くも膜下出血で26歳で亡くなったことを葬儀が終わってからテレビで知ったそうです。

 

メンバーともかなり確執があったとのことで、20年間ずっとGACKTは誰にも言えない悩みを抱えていたのでしょうが、ファンにとってはKamiが一番苦しい時にそばにいなかったことが許せなかったのでしょう。

 

kami, カミ, マリスミゼル, MALICEMIZER , GACKT, ガクト, 炎上

 

MALICE MIZERのファンからは、「Kamiの名前を出さないで。」「テレビで語って欲しくない。」との批判が相次ぎツイッターで炎上する騒ぎとなっています。

 

【MALICE MIZER】DVD/ブルーレイ

 

GACKTは25周年アニバーサリーライブには出演しなかったのですね。

 

 

GACKTが20年間謝りたかった亡き親友への思いとは

 

「直撃!シンソウ坂上」でのインタビューでは、マリスミゼル解散後、Kami(カミ)の死を葬儀の後、テレビで初めて知ったということについて、後悔と申し訳ないという気持ちが今もずっと残っているというものでした。

 

 

 

 

 

GACKTは、Kamiさんの死後、Kamiさんの母校である高校の卒業式にサプライズで出向き、Kamiさんが愛用していたドラムセットをその高校に寄付し、GACKT自身もその高校生たちの前で歌を披露し、「人生は一度きり。過ぎ去った時間は2度と取り戻せない。」というような言葉を高校生に投げかけていました。

 

 

 

【楽器の買取屋さん】電話受付22時まで対応可能!無料出張見積もり

 

涙ぐむ高校生もいて、GACKTの歌に聴き入っているようでした。

 

サングラスを外し、黒髪のGACKTも珍しいなと思って私も見ていました。

ところが、MALICE MIZERのファンからは意外なコメントがツイッター上に呟かれていました。

 

 

 

MALICE MIZERのファンから「Kamiへの言葉など語って欲しくない」と炎上!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまや『直撃!シンソウ坂上』は芸能人の禊(みそぎ)の場

坂上忍の『直撃!シンソウ坂上』という番組は、過去に罪を犯してしまった人や、人道的に外れたことをして一時的に芸能界から干されていた人が出てきて、坂上忍の辛口なツッコミを受けながら、ある意味自虐的な姿を視聴者にさらけ出すことで、『禊』をしているように思えるが、果たしてこの番組に出たからと言って、視聴者やファンの気持ちが精算され水に流されるのだろうかとも思えますね。

 

 

 

最近の芸能人はこの番組をうまく利用しているようにしか見えないのは私だけでしょうか…?

 

 

まとめ

GACTがフジテレビ『直撃!シンソウ坂上』で、20年間謝りたかった亡き親友のKamiさんへの思いを初告白しMALICE MIZERのファンからは非難の声が上がっている件についてお伝えしました。

 

ホスト界の帝王『ローランド』の記事はこちら

 

最後までお読みくださりありがとうございました。