個人事業主, ブロガー, 顧問税理士, 契約, メリット, 提出書類, 確定申告

 

個人事業主としてブロガーやアフィリエイトをしている人の中には、税金や帳簿関係などが苦手で考えるのも嫌だという方がいるか思います。

私も個人事業主になって初めての確定申告が近づいてきたので、領収書や必要書類を整理しなければなりません。

私の場合は、顧問税理士さんに税金関係は全てお任せしているので、詳細をご紹介します。

これから顧問税理士にお願いするかどうか迷っている方の参考になればと思います。

 

税理士ドットコムで最適な税理士選び

 

 

個人事業主のブロガーが顧問税理士に提出する書類

提出書類としては、以下の通りです。

個人事業主, ブロガー, 顧問税理士, 契約, メリット, 提出書類, 確定申告, まとめ

 

  • 現金資料:現金での支払が生じた場合

  • 通帳(コピー):ビジネス口座開設が望ましい

  • 支払家賃、駐車場代資料:コワーキングスペースやオフィス契約の場合、自宅兼オフィスの場合

  • 郵便等領収証:税理士法人に領収書を発送する際の切手代など

  • 電話代の請求書・領収書:インターネット料金も含められるようです。

  • クレジットカード明細:他のものと混ざっている場合は、蛍光マーカーなどで印をしておく

  • 売上に関する資料:Googleアドセンス、ASP成果報酬など

  • 売上請求書:受託業務を行なっている場合

  • 仕入れに関する資料:外注ライター費用など

  • 仕入れ請求書・領収証:A8ネットなどは仕事を依頼する際に発行されます。

  • 税理士・社労士報酬請求書:税理士法人から毎月届きます。

  • 水道光熱費領収証(水道代・ガス料金):自宅オフィス兼用の場合は割合で決まるそうです。

  • 旅費交通費等資料(領収証):セミナーやオフ会・イベント出席交通費など

  • 飲食代領収書(人数・目的):お茶会・オフ会・ライターとの面談など

  • その他事務用品等領収証:パソコン周辺機器・文房具などビジネスに使用するもの

  • その他 請求書

  • その他 領収書

  • その他 契約書

 

確定申告の必要書類・資料

確定申告は2月ですが、税理士さんは10月ごろから準備に入られるようで必要書類を送るように促されます(汗)

個人事業主, ブロガー, 顧問税理士, 契約, メリット, 提出書類, 確定申告, まとめ

確定申告のための必須資料

  • 現金出納帳(領収証等)

  • 預金通帳

  • クレジットカードご利用明細:法人のクレジットカードがある場合

  • 売上資料

  • 仕入資料

  • 領収証等

  • 税理士報酬等請求書

  • 毎月発生の請求書

発生時必要となる資料

  • その他請求書・領収書

  • その他契約書等

  • 助成金が発生した場合、詳細分かる請求書等資料

注意事項

  1. 必須資料に関しては、漏れなく毎月(最低でも2ヵ月に一度は)送る。
  2. 発生時必要書類については随時、請求書・領収書に関しては、各月々資料を送る際に同封する。
  3. 何か契約を交わした場合は、契約書及び内容分かる資料、請求書を必ず送る。
    最善の方法で経費計上する為にも、必ず必要となります。

  4. 保険等加入された場合、保険によって損金算入率等が契約内容により異なります。
    こちらも最善の方法で経費計上する為にも必ず必要になる為、契約書及び契約内容の書類、請求書 を資料郵送時に送る。

  5. 助成金等決定した場合は、詳細分かる資料及び請求書等を、資料郵送時に同封する。

 

 

個人事業主のブロガーが顧問税理士と契約するメリット

経理が苦手な人はクラウドソーシングなどで事務をお願いすればいいのかもしれないけれど、何をどうお願いすればいいのかもわからないし、確定申告の時期が近付いてくるし不安になってしまう…。

個人事業主, ブロガー, 顧問税理士, 契約, メリット, 提出書類, 確定申告, まとめ

知らなかった為に、損をしたくないし、後から脱税なんてことになったら大変!

私の場合は、税金関係の不安を抱えながらのビジネスは嫌だったので、丸投げできる顧問税理士さんにお願いすることにしました。

月1万円なら、少し買い物を我慢すればいい程度ですからね。

私の場合は、確定申告直前だけでは心配だったので、年契約にしました。

顧問税理士さんの契約は、最初に無料相談(面談)を行い、どんなビジネスをしているのか、これからどのように進めていきたいのかなどをお話しして、契約内容などをすり合わせをします。

私の場合は、税理士さんを知人に紹介してもらい、年契約でだいたい月1万円×12ヶ月でした。

 

税理士ドットコムで最適な税理士選び

正式な契約書に関しては後日郵送していただき、必要事項を記入・捺印などをして返送し契約私立となります。(各税理士法人により手続きが異なることもあるので、確認してくださいね)

税理士さんへの支払いはビジネス口座から毎月引き落としになります。

 

まとめ

個人事業主としてビジネスをする上で、孤独を感じたり税金面での不安などもありましたが、顧問税理士さんと正式に契約することにより、少なくとも“間違い”は防げるという安心感を手に入れることができました。

そして、自分のビジネスについて言葉にして伝えることで個人事業主としての自覚も芽生え、税理士法人との契約を交わすことにより、社会との繋がりを実感することができました。

経費を掛けて顧問税理士さんにお願いしているからには、ビジネスを途中で投げ出すことはできない!という覚悟にもつながり、窮地に追い込まれても「乗り越えよう!」という気持ちになれたのが私にとって一番大きかった気がします。

もし、自分1人でやっていたら、途中で「や〜めた!」と投げ出していたかもしれません。

自分の苦手な税金関係は顧問税理士さんにお任せすることで、自分にしかできない仕事にさらに注力することができたと思えます。

顧問税理士さんについて知りたい方への参考になれば嬉しいです^^

 

税理士ドットコムで最適な税理士選び

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。